ノート Note

センター糸とじクロス巻きノート

中とじ方式で綴じる素材を針金から糸に変えた綴じ方のノート。

背中に貼るクロステープの色はデザインに合わせて選べます。開きがよく書き込みやすいので、学習帳などに最適の製本方式です。

tips

※クロステープとは:
背クロスとも呼ばれ、クロスに色を含浸させて色付けしたもの。紙製、布製、厚さによってはビニール製もあり。またファンシー用途に多く使用されているキラキラとしたオーロラタイプのものなど、色もさまざまある。
選べるクロステープ

 たくさんのノートを製造してきたニヨド印刷だからわかる、
 センター糸綴じクロス巻きノートのおすすめポイント


丈夫で、針金を使用しない安全なつくり

表紙に中身を重ね、その中央部分をミシンで縫い、それを二つ折りして背にクロスを巻いたものがセンター糸綴じクロス巻きノートです。
開きのよさが特徴のひとつで、糸で縫われているため耐久性も優れています。

コスト的には針金による中とじノートより割高ですが、長く保管するものや、何度も読み返すようなものには、この綴じ方がおすすめです。
また針金などを使用しないので安全で、最近は廃棄時に分別の必要がない点も注目を集めています。


おしゃれ感!レトロ感!クロステープの本当の役割は?

センター糸綴じの場合、ノートの中心部分をストレートに縫っているだけなので、このままでは糸がほつれたり切れたりします。そのため、背をクロステープで巻く工程が必要となります。

選べるクロステープの種類

お見積もり・お問い合わせ時にご希望のクロステープの色・品番をご指定ください。色合わせ次第でノートの印象がガラッと変わります。もちろん、ご希望の表紙におすすめのクロステープなど、色合わせのご相談もお気軽にどうぞ。

ニヨド印刷クロステープ色見本1
ニヨド印刷クロステープ色見本2


どのくらいの厚みのものまでミシンで縫えますか

表紙を含め2ミリ厚強が多くみられます。ページ数で32枚64ページ、中身の紙を薄くすると80ページくらいが目途です。

センター糸綴じクロス巻きノートご提案例

  • ・クロス糸で工夫して自分好みのノートに。オーロラテープでキラキラとかわいいノートや、黒地の表紙に濃い黒のテープでシックな大人ノートなど。
  • ・海外スタンダートのA4サイズでたっぷり書ける仕上がりに。(普通はセミB5)
  • ・のどもとにミシンを走らせ切り取りやすく。
  • ・中紙はA罫、B罫の他に、無地、方眼。オリジナルも作成可能。表紙の裏、裏表紙の裏への印刷ももちろん可能。

お問い合わせはこちら