ご注文について Support

データ入稿について

入稿ガイド

用意していただくもの

入稿データ

弊社FTP、オンラインストレージサービス、MO・CD-R・DVD 等のメディアを使用して下さい

最終原稿

最終データをプリントアウトしていただいたものや、確認用のPDF。
見本は色調の見本ではありません。色味に関しては指定がない限り当社標準濃度にて印刷いたします。
色調補正は別途作業料金をいただくことがあります。

色見本

特色(CMYK以外)の場合はDIC チップなどの色見本を用意して下さい。
入稿の際、弊社にご来社いただいて、その場で色見本を参照し、決定していただいても結構です。



データ作成・入稿時の注意点

1.基本事項

  • ご注文のサイズとデータが同サイズであるか確認してください。
  • フォントはすべて(リンクデータも含む)アウトラインを取って下さい。
    アウトラインが取られていないものは再入稿をお願い致します。
    ※フォントがすべてアウトライン化されていることを確認してください。
    (文字→フォントの検索・置換)または(ファイル→書類情報→フォントの詳細)
  • 仕上げサイズの3mm内に文字(絵柄)がある場合は断裁時に切れてしまう可能性があります。
  • 仕上げサイズの外側に3mmずつヌリタシをつけておいてください。足りない場合は断裁時に紙白がでる可能性があります。
  • 仕上がり位置のアタリ罫は取っておいて下さい。
  • 4色時、特色データは使用しないで下さい。
  • 画像解像度は使用する寸法で解像度を350dpi 以上で維持できる倍率でご使用ください。(解像度は高すぎても低すぎても劣化します。)
  • ファイル名称はすべて半角英数字で保存し、重複するファイル名はつけないでください。
  • RGBのデータは印刷できません。CMYKに変換済データで入稿ください。※Japan Color 2001 Coated推奨
  • 入稿前に必要データファイル(リンク画像など)の有無を確認してください。
  • データの取り違えなどの原因となりますので、最終データ以外の不要なファイルは削除して入稿して下さい

2.サイズについて

  • 塗り足しは3mm【最低でも2mm以上】とって下さい。(たりない場合は紙色がでる可能性があります)
  • 仕上がりから3mm以内に文字やオブジェクトがある場合、断裁時に切れるおそれがあります。

※折りがある場合
折りトンボが必要です。

3.入稿形式

PDF(PDF/x1a、PDF/x4、DSoutlinePDF)
※イラストレーター(エクセル・ワードなどでの入稿についてはご相談下さい。)

4.入稿データのチェック

サイズご注文のサイズ通りか確認してください
特色の有無特色を使用しない場合はプロセス4色で作成してください。
特色使用の場合は、C・Mなどプロセスに置き換えて下さい 。
ヌリタシヌリタシがある事を確認してください
余白(輪転の場合)天地左右7mm有るかチェックして下さい。
トンボの有無トンボがないと仕上がりが大きくずれる可能性があります。必ずご注文のサイズのトンボを付けて下さい。
オーバープリント設定イラストレーターでのオーバープリント設定は外しておいて下さい。
(当社ではリファイン時に自動で外れる設定となっております。)
オーバープリントの確認スミ100%はすべて乗せになります。ヌキにしたい場合はスミ99%、又はリッチブラックにしてください。
白のオーバープリントは消えてしまいますので注意して下さい。
不要なスウォッチやオブジェクト不要なスウォッチやオブジェクトは削除して下さい。
フォントアウトラインを取って下さい

アジロ・無線綴じの場合 表紙に背が必要です。
表2、表2対向、表3、表3対向にのりしろが必要です。
のど部分に文字がかかると製本時に読めなくなりますのでご注意下さい。
カラー設定 印刷色以外の色は使わないで下さい。
RGBを使用してないか確認してください

5.カラーについて

プリントアウトの色と印刷時の色は異なりますのでご注意ください。
仕上がりの色味をご確認されたいお客様は色校正(別途費用)を行うことをお勧めします。

6.データ不備について

入稿データに不備があると印刷できない場合や、思った通りに印刷されない場合があります。
その場合、当方では一切責任を持てませんのでデータのチェックは確実にお願いいたします。
ご不明な点はお気軽に問い合わせください。